せどりは誰でも出来るもの?

せどりせどりという言葉は知っていますか?せどりは副業の中でも最近発生したものではなく、
かなり昔から存在する副業です。どんな副業なのかというと、古本屋さんで本を買う、そして
古本屋さんで本を売る、ただそれだけです。
普通は新刊で買った本を古本で売っても買った値段の方が売る値段より高くなる事はそうありません。
一部の超人気の限定本だったり、または昔発売された人気作家の初版本などは話が別ですが・・・・・

しかし古本屋さんでは価値のある古本が安い価格で販売しているケースがあるので
安くなっているところを買い、高く売れる古本屋さんで売るのです。
これはネット内で買って売る事も可能です。
なぜこんな事が可能なのかというと古本の売値をつけるのは古本屋によって違うからです。
ブックオフなどは大量の本を仕入れて売るためにシステム化し、作業効率を重視したために
個別で高く売れる本でも100円本などで販売している事はよくある事です。
これをブックオフ以外の古本屋で売れば適正価格で購入してくれるので買値より高く売れます。
その差額を稼ぐ事がせどりです。

ただ以前はせどりをするためには本の知識が必要でした。せどりをする人は古本屋の店主以上に
本に詳しい人が多かったのですが、それだと誰でも出来るとは言えませんよね。
しかしながら最近はこの本はいくらで売れるなどのせどり専用のチェッカーなどのツールが出てきたため
本の素人でもそのチェッカーで調べて本を売買すればせどりとして稼ぐ事が可能になりました。

テープ起こしの副業

テープ起こし副業にはいろんな種類がありますが、テープ起こしの副業に興味があるという人もいるでしょう。
通信講座などでテープ起こしのやり方を教えてくれる講座も存在しますが、
特に資格があるわけではないため未経験者で通信講座を受講していなくてもテープ起こしの仕事を受ける事は
可能です。

テープの情報を文字に起こすだけだからそれほど難しくないと考えるかもしれませんが、
実は慣れないうちは非常に難しいのがテープ起こしの副業です。
もしこのテープ起こしの言葉が英語であれば、難しいと思いますが、普段から日本語を聞いてその言葉を理解出来ているのだから
別段それを文字にするぐらい大変ではないと思うかもしれませんが、

例えば私たちがTVを見る時にはテロップで画面上に文字が写りますし、そもそもTVでは映像があります。
映像つきで言葉に関してもテロップで言葉を補ってくれるためTVではニュースの内容も特に苦労なく
理解する事が出来るのです。これが音だけになってしまったら・・・まず同音異義語だったり専門用語だったりと
分からない言葉が出てくるかもしれませんし、話言葉と入力スピードは異なりますから、
テープを流してはストップし、聞き逃した部分を再度巻き戻ししながら文章を起こしていく作業はなかなか大変です。

これがグループインタビューなら複数の人の声を聞き分ける必要がありますし、
会議事録なら一字一句間違える事が出来ません。
テープ起こしの単価は依頼先によって大きく異なり60分テープで数千円から数万円と報酬金額に大きく差が
生じる場合がありますが、60分のテープを起こすのにどれだけの時間がかかるのかを考えると
数千円ではちょっと単価が低すぎると感じる人は多いのではないでしょうか?

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.